メインイメージ

H-IIBロケットの特徴

H-IIBロケットは、日本人の手で開発された世界最高水準の性能を誇る純国産のロケットです。2009年から2015年までの間で5回打ち上げられており、いずれも成功を収めています。H-IIBロケットは、宇宙ステーションに必要物資を運搬するための宇宙ステーション補給機を積んでおり、いずれの打ち上げでも、宇宙ステーション補給機は無事に軌道に乗り、宇宙ステーションに物資を届けています。

保育士は求人を選べる?
http://www.the0123child.com/saiyo/
様々な条件も絞込みで簡単に検索

2015年8月19日の打ち上げでは、アメリカやロシアのロケットの打ち上げが立て続けに失敗している中で行われました。打ち上げに成功したことによって、日本のロケット技術の水準の高さを世界中に知らしめることになりました。H-IIBロケットは2016年度以降も打ち上げが予定されており、宇宙ステーションに物資を届けるための補給機を搭載して打ち上げられます。現在、このロケットの後継機となるH3ロケットの開発が進められており、H3ロケットは2020年度に試験機が打ち上げられる予定になっています。

ICHIDOCOならGPSレンタルを安心サポート
http://ichidoco.com/
誰にも知られず借りられます

日本では将来的に有人宇宙船の打ち上げを計画しており、有人宇宙船の打ち上げには、後継機のH3ロケットが使用される可能性が高いです。H-IIBロケットの特徴として、旧型のH-IIAロケットよりも液体ロケットエンジンの数を増やし、複数の液体ロケットエンジンをクラスター化することによって、能力の向上を図っています。複数のエンジンをクラスター化することはコストの削減にもつながり、性能に優れたロケットを短期間で製造することが可能になります。重量の異なる人工衛星を搭載することも可能ですので、宇宙ステーション補給機以外の人工衛星の打ち上げにも使用することができます。

格安の顧問契約で手数料が0円になる会社設立
http://www.venture-support.jp/
大阪で起業するならベンチャーサポートへ!

このロケットには固体ロケットブースターを4本装備しており、従来型のH-IIAロケットの2倍になっています。固体ロケットブースターの搭載数を増やすことによって推進力が大きく向上し、性能が格段に進歩しました。ロケットの発射施設は既存のものをそのまま利用できることも大きなメリットになっており、ロケットの打ち上げのコストを大幅に削減することができます。このロケットは、これまでの運用実績があるロケット技術をそのまま応用していることが特徴で、既存の技術を応用することによって、低コストで低リスク、短期間での開発が可能になっています。このロケットで培われた技術は後継機のH3ロケットに引き継がれ、日本の宇宙開発に大きく貢献します。